ゴマサバ・デル・エジプシャンマウ

我輩は猫であります。名前は「ゴマサバ・デル・エジプシャンマウ」っていいます。 僕の母さんが、「宅老所 よりあい」で作ったお昼ご飯の記録です。

2015年11月

森のおやつ ピロシキ

ピロシキは、友人が引揚者の義母から習ったと、それを40年前に教えてもらったレシピ。
メモを見ながら 試作してみ見ました。12個分
生地:強力粉300g、ドライイースト1t、砂糖2T、塩少々、卵半分、牛乳1c、バター30g
    バター以外の材料をよく混ぜ、捏ねる。バターを加えさらに捏ねて28度で60分発酵させる。打ち粉して、記事を12等分。濡れ布巾、ラップで保湿しながら楕円に伸ばし具を詰めて、10分休ませる。具はしっかり封をしないと、揚げる時 具が飛び出すので注意。

具:合挽きミンチ100g、 玉葱半分を塩コショウで炒め ゆで卵1個、パセリみじんを加える。
油で揚げる場合:150度~160度でゆっくり焦げないように揚げる。オーブンで焼く場合:溶き卵を塗って200度で10~15分
 CIMG1987

CIMG1990
揚げたピロシキ 
パン生地が美味しい。この分量では具が少ないのでもっと増やそう!
CIMG1992
オーブンで焼いた分
CIMG1993
これも パン生地が良い感じ。具を増やせば良いんだけど・・
CIMG1994
イーストを発酵させるには、気温が低いこの季節は、分量が多いと難しいので、このレシピは残念だけど次回までお預け延期にしましょう。
ではホットケーキミックスを使ってはどうかと、2回目のピロシキ試作。
生地: HM200g、片栗粉30g、水100ccでやってみました。
具は、大根の葉の一夜漬けみじんを加えて量を増やしてみました。つなぎに片栗粉も加えて、具がパラパラしないようにしました。

CIMG1999
そらそら、具が増えて、丸っこいのが完成。
試食担当者:具が多いのは大根葉でも嬉しい!
CIMG2021
揚げたのも完成 見た目は上等なんだけど、試食してみると外側の皮が、硬すぎてパリパリせんべい風。どちらも お年寄りの歯茎で噛むのは大変そう。試食担当者:ボクはこの固さが良か!
CIMG1995

CIMG2002

CIMG2003
三回目試作:バターとたまごを入れて柔らかくなるように再々挑戦
HM200g、溶かしバター30g、サラダ油10g、卵1個、水30cc
CIMG2004
生地は1個 @30gくらい
CIMG2005
具は20gくらい。 幾らでも試作できるように、具はまとめて沢山作っちゃったです。
CIMG2006
焼いて
CIMG2007
試食  なんとクッキーみたいに柔らかい・・・お菓子です
CIMG2011
揚げた分も同じく 甘くて柔らかい
CIMG2012

CIMG2013
4回目の試作 3回目の分量で、コネコネの時間を増やして、皮がサクサクしないで少し硬くなるように・・・なるかしら?まあ、この辺で妥協かな。作るほうも、試食する連れ合いも飽きてきました。お腹もいっぱいになるし。
CIMG2014
よりあいの森に 出かける前に、パンなら食パンがテーブルの上に転がってる・・ナ
CIMG2015
麺棒で押しつぶして、具を挟んで、周りを小麦粉糊で封をして 5回目の試作
CIMG2016
卵液に浸して、揚げましたら、
CIMG2017
是が一番良かった! 簡単!旨い!え~今までの苦労は何だったの?
CIMG2019
でも、パンを60枚買うと、荷物が増える。自転車に乗らない。まあ今回は4回目の試作パターンでやりましょう。
生地:HM1,2kg. サラダ油200cc、卵5個、水200cc、塩多め、よくコネコネ 15分休ませて。66個作成。
具: 挽肉500g、玉葱荒ミジン5個、大根葉(抜きたて大根をタイミングよく頂きましたので、茹でて、1夜塩漬け したもの)塩コショウで炒め、つなぎに片栗粉。
今日はデイサービスの昼食ボランティア3人が、整形を手伝ってくれましたので、あっという間に完成。揚げる?焼く?、ヘルシーのほうが良いとの職員Sさんのリクエストで揚げずにオーブンで焼いたので、1度に66個完成、時短でした。

CIMG2020


森のおやつ スイートポテト

試作
CIMG1984
  @80グラム×60個=4.5キロ
CIMG1980
さつま芋4.5キロ、砂糖700g、卵9個、生クリーム200CC、バター300g、バニラ。
天火で180度10分。200度10分。
4列×6分割×3回=72個

今日は勤労感謝の日。ひかり福祉会の評議委員会を済ませてから、森に大急ぎで行きました。
簡単スイートポテト、量は試作で確認済みです。さつま芋は洗って切って水にさらしたものを 朝4時起きで作って持参。てきぱきと手際よく作業は進みました。鍋で芋を茹でる、つぶす。砂糖、バター、卵、生クリーム、バニラを混ぜて、天板に平らに伸ばして卵液を刷毛でチョイチョイチョイ。表面にフォークで筋を入れてみました。

CIMG1973
72個もあったのに、職員の休みが多かったので、余りがでました。で、食べたい方はいくつでも!!で喜んだ方良かったですね!
CIMG1977
次回は、茶巾絞りもいいなと残りのポテトで試作
CIMG1978

CIMG1979

CIMG1985
もしかしら、金つばもいいかもしれない  
11月20日のH枝さんの、おやつ差し入れは バナナケーキ。マコリン(高瀬真梨子)コンサートの日で、慌てたくって、写真撮るの忘れてしまった。ごめんねH枝さん。一切れがでかい超美味しいバナナケーキでした。
CIMG1982
よりあいに行く途中で見かけたライオンリックサック 。思わず写真取らせて!と話しかけてしまいました。5000円だったって・・・  
 CIMG1983

森のおやつ どら焼きプレーン

普通のどら焼きです。
HM1キロ、牛乳1㍑ぜて、寝かせて、ホットプレートで焼く。計量カップのとがった口先が役に立ちました。
CIMG1919
餡子は‘@約35グラム  出来合いの餡子です
CIMG1920

一回に4枚焼けます。4×18回=72枚。焼き上がりはぬれ布巾を忘れないように!乾燥して曲げると割れる。
CIMG1918
餡子を挟んで半分に折り、ラップでハラマキ。
CIMG1921
1個づつたっぷりです。餡子好きな人オオヨロコンブ
CIMG1922
 

森のおやつ さつま芋クリームのクレープ

60本作成
CIMG1915
紅葉した葉っぱを皿代わりにと思い立ち、西公園へ
でも今日は雨天で 綺麗な葉がありません。
柿の葉が大きさも丁度良いと思っていたんですが、まだ紅葉がいまいち。
庭のもくれんの葉を60枚摘んで行きました。上の赤い葉は桜。
CIMG1914
よりあいの森の台所は、昼食の準備と重複していて、60枚クレープを焼くのが難しいかな・・と思い自宅で朝時からシコシコ焼きました。丸いフライパンでなく、四角い玉子焼き器で。妹が玉子焼き器で作るバームクーヘンを教えてくれたので、パクリました。クリームを巻きやすく、生地もフライパンより少なくてすみます。goodですバイ。
クレープ:HM800g、牛乳1.6リットル、溶かしバター150グラム、卵8個
さつま芋クリーム:さつま芋2キロ、砂糖800g、梅酒、バニラオイル、生クリーム400CC
CIMG1906
5枚一組でラップを挟んで、枚数を数えながら5枚×12=60枚
 CIMG1907
さつま芋は茹でてつぶして、砂糖、梅酒、バニラを加えて
ホイップした生クリームと合わせ
CIMG1908
クレープに巻き巻き
CIMG1909
これは前日に作った試作品
芋が良い仕事してました。
CIMG1912

森のおやつ さつま芋と林檎のレモン煮

さつま芋4キロ、林檎大5個、砂糖800g、レモン汁、バニラ、バター350g
安いさつま芋探しに奔走しました。2~3日かけてあちこち探し回って、デパ地下で立派な特大1本(ほぼ1キロ)200円 を連れ合いが見つけてきてくれました。林檎も富士大@88円、マーガリンも320㌘100円、大満足です。
CIMG1900
芋の皮のむき方が ちょっといい加減ですが、味は上等。
CIMG1901
食欲の落ちていたお年寄りや、とろみ食しか食べられない方も、お代わりするほどの大好評。簡単手抜きのおやつだったので、意外な評価にびっくり!Y紀子さんのレシピです。ありがとう  
 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ