ゴマサバ・デル・エジプシャンマウ

我輩は猫であります。名前は「ゴマサバ・デル・エジプシャンマウ」っていいます。 僕の母さんが、「宅老所 よりあい」で作ったお昼ご飯の記録です。

2014年11月

イタリア土産  トリュフ入り塩

イタリアのお土産をいただきました。左は紅茶。右が「メゾン・ド・ラ・トリュフ」白トリュフ入りの塩です。私いままで白トリュフがこんなに、すごく香る茸とは知りませんでした。壜詰めなのに、封を切る前からものすごい香り。初めての 香りです。慣れない香りは一瞬「くさい」とも表現したいくらい。何の匂いに近いか???わかりません。初めて出会う香りです。でも、何度か オリーブ油に混ぜたり、肉にふり掛けて焼いたりしていたら・・・・だんだんいい香りと思うようになってきました。お値段もかなりいいのが解ったからかもしれません。
CIMG0450

ちなみにインターネットで この塩は 100g 4298円でした。
CIMG0455
TVでトリュフの番組を見ていたら、たっぷりのオリーブ油にトリュフ塩をまぜて、それで目玉焼きをするのが、イタリアではよく食べられていて しかも美味しいと・・・・・早速やってみましたが・・・?そう言われればそうなのか?な?よくわかりません。そういうことにしましょう。
別の日に、上等のステーキ肉を、奮発して焼いてみたら これはとても結構でした。火を通すと香りが薄れますが・・・・


搾り葡萄ジュースを使ったレシピ

CIMG0415
『友人が日田でブドウ園をしていて、 搾葡萄(天然100%)のジュース使用の 料理のレシピがほしい!』と知り合いのある方から『考えて・・』と依頼されました。『ボランティアの人に聞いとくね』と安請け合いをしたら、500ml. 2060円もする 高級なジュースがで~んとやってきました。皆で試飲しながら ガヤガヤ わいわい・・・・

煮込み料理・肉料理のソース・カレー・ゼリー・水羊羹・サワードリンク・焼酎割り・シェイク・シャーベット・シフォンケーキ・ドレッシング・ピザ・フルーツポンチ・フローズンドリンク・チラシ寿司・ピラフ・パスタ・・・・・ETC。皆さん素晴らしい!アイデア。

とりあえず 今日は、よりあいでお年寄り用に使っている とろみをつける粉末を少しいただいて、ジュースに混ぜてみました。室温のまま混ぜるだけですから ゼリーより簡単です。
大根の風呂吹き風煮物に餡の替わりにかけてみました。むむむ・・・・・びみょ~
風呂吹き大根の葡萄あんかけ
CIMG0436
これが、とろみの素
CIMG0420

CIMG0419

CIMG0418
今朝フレンチトーストを作るときに、思いついて牛乳の代わりに 葡萄ジュースを使ってみました。玉子とジュースを混ぜてバターで焼きました。まあまあ・・かな・・・甘みがもう少しあってもいいかな。でも砂糖が勝つとジュースの味が 消えそうだからこのままで・・・・ジュースをソースのようにかけて出来上がり。
フレンチトースト葡萄味
CIMG0444
ジュースは 別添えにしたら おしゃれでいいかな
CIMG0441
更に 昼ごはんに散らし寿司も作ってみました。
紫色の寿司飯も おしゃれでいい感じ。味もフルーティ。果物入れてもいいかも。
散らし寿司
寿司酢 :ジュース60cc ・ 塩 小さじ1 ・ 酢 小さじ3 
ご飯   :500グラム(米1.5合) ・ 炒り胡麻
今日のありあわせ具材 :ハム・玉子・アボカド・茄子漬物・レタス・水菜・紫キャベツ
CIMG0459
炊き立てご飯に 寿司酢(ジュース60cc ・塩小匙1 ・酢小匙3)と炒り胡麻を混ぜ込む
レモン・ポッカレモン・ワインビネガー・米酢・なんでも・・・いいです。
CIMG0456
皿に盛り綺麗にトッピング     
本日のありあわせ具材はハム・玉子・アボカド・茄子漬物・レタス・水菜・紫キャベツ
散らし寿司
CIMG0445

CIMG0446
巻き寿司にも    
具は 鮭フレークマヨネーズ和え・胡瓜塩もみ・玉子焼き・梨も巻いてみました。
CIMG0462
巻き寿司
CIMG0464


葡萄わらび餅    
T高さんも丁寧な作り方とともに、メールで送ってきてくれました。
わらび粉…60g 上白糖…30g    a葡萄ジュース…150g  b 葡萄ジュース   150g
<作り方>
①ボールにわらび粉と砂糖を入れて、軽く混ぜる
②①に aを1/3位注いで、混ぜ溶かし 残りの2/3も加えて良く混ぜる
③②を鍋に入れて強火にかけ、木ベラで混ぜながら温める
④③と同時に、bも別の鍋に入れて火にかけておく
⑤③に透明な部分ができてきたら弱火にし、沸騰した④を入れて、手早く混ぜる
⑥全体が透明になったら出来上がり
⑦鍋のまま氷水の中に入れ、あら熱がとれたら適当な大きさにちぎって 水を張ったボール等に入れて、
  そのまま冷やす
⑧よく冷えたら水を切り、盛り付ける
DCF00193

酢豚
T高・Y本・T辻さん三人で 考案した 葡萄ジュース入りの酢豚です、よりあいの昼食に出しました。
材料:  ロース豚肉・ピーマン。人参・玉葱・生椎茸
①肉は一口大に切り、叩いて柔らかくする。
  下味に 砂糖、塩コショウ、玉子、小麦粉を もみこみ5分休ませる。
②肉に小麦粉をつけ,低温の油で3分ほど下揚げをする。
③野菜も一口大に切り、油通しをしておく。
④ソースを作る   
 葡萄ジュース:醤油:酢=5:1:1 の割合で混ぜ、フライパンで 煮詰めて、とろみをつける
⑤下揚げした肉を高温の油で再度さっと揚げ、
⑥フライパンのソースに肉と野菜を入れて仕上げる。
DCF00208
甘みは葡萄の甘さだけで充分。色も香りもしゃれています。
 
搾葡萄の水羊羹

20141125_234428


材 料: 葡萄ジュース250cc   ゆで小豆缶 100~150g  粉ゼラチン 5g   湯大3
作り方 : ①粉ゼラチンを湯でふやかしておく。
      ②鍋にジュースの半量を入れ軽く温め、ふやかした粉ゼラチンを入れ煮溶かす。
      ③溶けたら火を止め、小豆を入れ混ぜ溶かす。
        残りのジュースを入れ、沸騰しないようにゆっくりかき混ぜながら加熱する。
      ④軽くぬらした容器に 流し込み荒熱がとれたら 冷蔵庫で冷やし固める。
      ⑤小豆は重いので、下に沈み、綺麗な2層の水羊羹が出来る。 

鶏モモ肉のカリカリ焼き
CIMG0303

CIMG0297
材料:(一人分)鶏モモ1/2枚・塩コショウ・粒マスタード・オリーブ油
   ソース(葡萄ジュース大3 ・ 薄口醤油大2 ・ 粒マスタード小匙2)
作り方: ①ソース材料を混ぜてソースを作る
     ②塩コショウをしトリモモ肉をオリーブ油で 皮からぱりぱりこんがり焼き目をつけて焼く。
       ③食べやすい大きさに切って皿に盛り ソースをかける
林檎のやわらか煮
CIMG0306

CIMG0308
材 料:  林檎 ・ 葡萄ジュース ・ カルピス 
作り方:①林檎は適当な大きさに切る
     ②葡萄ジュース:カルピス=2:1の割合でなべで20分ほど弱火で煮る
ジャガイモの洋風煮っ転がし
CIMG0305

CIMG0299
材 料: ジャガイモ1個(100g) ・葡萄ジュース100cc・バター45g・ブイヨン1個・水
作り方: ①ジャガイモを食べやすい大きさに切る
     ②鍋に、ジャガイモ、ジュース、バター、ブイヨンを入れ、水をひたひたにして煮る。
      沸騰したら弱火にして、水分がなくなる手前で火をとめる。(20分めやす) 
葡萄とミルクの二層ジェリー
CIMG0480
材 料: A葡萄ジェリー
            葡萄ジュース200cc・   粉ゼラチン5g(大さじ1弱)・水大さじ2
      Bミルクジェリー 
            牛乳500cc・砂糖70g・  粉ゼラチン10g(大さじ2弱)・水大さじ4
作り方:①A Bそれぞれ粉ゼラチンを分量の水でふやかす
     ②小鍋にBの牛乳と砂糖を入れ火にかけ(弱火)、Bのふやかしたゼラチンも入れ溶かす。
     ③あら熱をとり、水で濡らした容器に2/3ほど入れて、冷蔵庫で冷やす。
     ④Aのゼラチンをレンジで溶かし(数秒)葡萄ジュースを加えて(500W 15秒)
     ⑤ミルクジェリーの上に葡萄ジェリーを載せて 冷蔵庫で固め冷やす。 
     ⑥好みで生クリームなどトッピングする。今回は干し葡萄。



豚肉と茸の生姜焼き

本日は。S田・Mのふたり。18食と少な目でした。
で、お代わりし放題・・・・若い職員さんは喜んでました。
CIMG0427
豚肉と茸の生姜焼き  S田さん担当
豚スライス(下味・醤油・酒・生姜・みりん・片栗粉)・きのこ(えりんぎ・えのき炒めて)さつま芋はレンジで。以上を
フライパンに戻して、醤油・ごま油・酒で調味。しっかりとした味付けはご飯に合います。
CIMG0429
大根と鶏団子の餡かけ  M作
大根は鶏団子の茹で汁で ことこと・・・・最後に片栗粉でとろみ
本日は白だしも、薄口醤油、塩も 切れてて、味塩コショウで調理しました。塩を切らしたらいかんよ!
CIMG0433
白菜と豚スライスのスープ  M作
昆布だしとかつおだしの顆粒を使用。味塩コショウと胡麻油で仕上げ。
CIMG0431
もちろん大根の葉も活用。菜飯はいつも好評。お釜が空になりました。
CIMG0432

 

鯖の餡かけ

なでしこ(S本・S田・M部・M)
CIMG0410
鯖の餡かけ  S本さん担当
鯖の素揚げ・人参・きのこ・玉葱・もやし
CIMG0412
南瓜とジャガイモのサラダ  S田さん担当
南瓜・ジャガイモ・ゆで卵・マヨネーズ・ヨーグルト
CIMG0413
豚汁 M部さん担当
CIMG0414
オープンママのK田さんからの依頼がありました。
日田の友人が ぶどう園をしていて、葡萄の搾り汁ジュースを販売しているそう。こだわりの高級ジュース。販路拡大のため、このジュースを使った料理のレシピを、考えてほしいとのこと。
CIMG0415
撫子のメンバーと試飲しながら ああでもないこうでもない・・・
S田さんの姪っ子の手作りケーキも食べながら・・・・
いい知恵がなかなかうかびません・・・・・
CIMG0416

 

2014.11.15 森のカフェ

11月は K井さんとT高さんとMの3人
メニューは ビーフカレー or ぱりぱり皿うどん
サラダは パスタサラダ、スープは玉子スープ
CIMG0396
牛すね肉を圧力鍋で煮込みましたが、柔らかいけど味がない・・・・!
カレーは 難しい。原価を抑えると余計に難しい。
いつも出来上がりに不満・・・・
CIMG0397
パスタサラダは、キャベツ・人参・スパ・タルタルソース
CIMG0399
玉子スープ
CIMG0398
パリパリ皿うどん はK井さん担当
彩が綺麗ですね。
これにも サラダとスープ付きですから お得感ありますでしょう!
CIMG0403
スイーツは 栗のロールケーキ T高さん作
本人によれば、早めに作成して冷凍保存していたので ちょっと味に不満有とのこと。でも栗入りのクリームは季節感あって、美味しかったです。
CIMG0404
H枝さんの アップルケーキ
CIMG0406
H枝さんのブラウニーケーキ
CIMG0409
こんなに沢山焼いてくれました。袋に入れなくていいと言ったのに。
いちいち 袋から出して皿に入れるのが面倒だったよ!Hさん
CIMG0405
 

料亭 嵯峨野

812-0015福岡市博多区住吉2-21-19 住吉橋たもと
  電話092-271-5745
ランチ10,000円をいただきました。別途 サービス料15%・税金8%
さすが ミュシュランに ランクインです。接客は抜群でした。器も季節ばかりでなく客の趣旨にあわせてました。料理は、良いタイミングで 程よい温度で運ばれます。お浸しがほんのり温かいのには感激!始めてです。私の為に今作った感があふれてますよね。どのお料理も見た目も味も     でした。久しぶりの満点です。 

まずは お口すすぎに あられ湯(塩・白湯・あられ)
 CIMG0361
八寸
CIMG0362
あん肝 酢醤油だしの味が こりゃ結構 なんとも言えぬいい味
CIMG0363
胡麻豆腐・いくら
CIMG0359
車えび・黒豆・胡桃の甘煮・はじかみ
CIMG0360
蟹真薯  真っ黒な椀のふたを取ると 柚子の香とともに、想像したより大きい真薯があらわれました。ふわふわ・大きいおおきい!!!本日の結婚記念日祝いにちなみ 蓋の中側はめでたい鯛の蒔絵が。椀を空にしたら底には貝あわせ蛤の絵も現れて、やんややんや  
CIMG0364

CIMG0367

CIMG0368
ビールは黒田官兵衛仕様
CIMG0365
冷酒は郷土の酒  田中六五(辛口) と 残心(こころのこり)
CIMG0369
ウーロン茶の氷は 透明球体
CIMG0375
お造り  雲丹・カンパチ・鯛・烏賊・おきうと・穂紫蘇(食可・芯まで柔らかい)枕の山芋も(食べて美味い)
めでたい舞鶴の器も羽ばたいて
CIMG0370
鰆の西京漬け焼き ・ 湯葉ととんぶり 大きな鰆 厚みがただ事ではありません 大きくても繊細な味!
付け合せの松葉、松と思って食べなかったら「どうぞ食べてください」「え~」「茶蕎麦ですよ」「え~っ」
稲穂の添え物も、白い米の花が ぽん菓子のようで、幼い昔の話に座が盛り上がります。
CIMG0373
煮物 海老芋・きのこ・生麩・かぶ・いんげん
CIMG0376
ほうれん草のお浸し ほうれん草・黄菊・しめじ すべての料理が適温
CIMG0377
お赤飯・あられ豆腐の赤だし・紅白なます(絶品)
CIMG0380
梨とざくろ
CIMG0381
栗の巾着しぼり
CIMG0382
抹茶
CIMG0383
こうして、写真を見ると そんなに多種・豪華なものは食べてないのに、満足感が充分だったのはなぜでしょうか?気もちよく会席を進めてくれた 仲居さんに力も大と思います。

虹の橋

文芸春秋社刊 伊藤比呂美著 「犬心 いぬごころ」は、とても心に沁みました。
CIMG0317
13年間アメリカで一緒に暮らした 犬(ジャーマン・シェパート)のタケの看取りの記です。
熊本県で独り暮らしの 実父の最晩年のサポートと看取りの記でもあります。
犬ごころと 人ごころと 子ごころ 親ごころを 深く考え、いのちと死を見つめた 私の今年一番いちおしの一冊

文中に アメリカのペット火葬社から 犬の骨といっしょに貰った 一文が紹介されてました。
一読、一瞬、我が家の しろと マウ との別れを思いました・・・・・その時が来たら・・・・あえる!

虹の橋

天国の手前に虹の橋がかかっている
そのたもとに 死んだ犬の行く場所がある
そこは あおあおとした草地で なだらかな丘があり 犬たちは走り回って遊ぶ
食べ物があり 水があり 日差しはポカポカとあたたかい
病んで老いて死んでいった犬は  若返る
傷ついて死んでいった犬の傷は 消え失せる
どの犬も どの犬も 昔のままにいきいきと 強く 楽しそうに生きているのだ
夢に出てくるときのように 過ぎ去った日々のように
ただ一つだけ どの犬にも気がかりがある
会いたい人がいる とても大切な人だった
でも置いてきてしまった


走りまわって遊ぶ日がつづいていたのだ 
でもやがて その日が来た
一匹の犬がとつぜん立ち止まって遠くをみつめた
するどい目が何かをとらえた
からだは喜びに震えはじめた
犬は群から飛び出して走り出した
緑の草の上を脚がもつれんばかりに 宙を飛ぶように はやく もっとはやく
『あの人』がいる!

犬とあなたが再会した
あなたたちはむちゅうになってからみあう
もう離れない
犬はあなたの顔をなめまわす
あなたはその頭をなで その目をのぞきこむ
あなたを信じきっている目だ
もう長い間これを見てなかった
でもけっして忘れてなかった
そして今 あなたたちはいっしょに 虹の橋を渡っていくのである

 

ハヤシライス

白百合 T辻・Y本・Mの三人で23食
CIMG0319
ハヤシライス   辻さん担当
牛肉・玉葱・シメジ・ニンニク・生姜・ハヤシライスの素
 スナップエンドウと南瓜で彩りよく
CIMG0320
さつま芋とりんごのレモン煮  Y本さん担当
さつま芋・バター・レモン・紅玉
CIMG0322
海老団子のスープ  Y本さん担当
魚すり身・オキアミ・白菜・春菊・葱
CIMG0321
 

宅老所よりあい 老楽講座 2014.11.2

谷川 俊太郎 × 伊藤比呂美
福岡市西区市民センター  入場料2000円
CIMG0315

CIMG0316
800人の参加があり大盛会でした。
CIMG0308
お二人の丁々発止のディベート!に引き込まれます。
CIMG0309

CIMG0318
伊藤比呂美さんの「般若心経」はすばらしい・・・
「犬心」は読むのが楽しみ・・・

宅老所よりあいが 特養を作ってるんです。
特別養護老人ホームです。皆さんに何のため?なぜ?を理解していただくために老楽講座を開催しました。
これが完成模型です。11月8日に上棟式します。4月に完成オープンです。

CIMG0297

CIMG0299


福壽飯店 赤坂門

道沿いに、「あっ!懐かしい店名!」とつい入店してしまった『福壽飯店』
子供のころ 親姉妹とよく行った中華料理屋の名前。
赤坂門に暖簾分けしたと?と・・・・
ランチ1000円をチョイス
CIMG0310
玉子スープ・ザーサイ・キャベツサラダが オーダーするとすぐにデ~ンと出てきて、早すぎ!ですばい。(そんなんだ・・・・森のカフェも注文聞いて 慌ててすぐにデ~ンと運ぶのは、あんまり感じ良くないんだな、タイミング考えなくては・・・とお勉強しました)
CIMG0311
烏賊フリッター(熱々の揚げたては結構だけどイカは少量で小麦粉だらけ)
皿数が多いほうがいいぞ!と、無理して品数そろえるのも、森のカフェでも考えなくてはね。
CIMG0312
中華粥
CIMG0313
牛肉のオイスター炒め
これは美味しかったです。海老も筍も山芋もいろいろ入っていて

そして連れ合いが注文したのは 五目焼き蕎麦 900円
味付けが われわれには甘すぎる。「みっチャンの焼き蕎麦の方が 旨い」とのこと
CIMG0314
すみません本日は 星は 無しです・・・・・・・・・・・

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ